東京とミラノ、カスティリオーニの聖地へ! | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

東京とミラノ、カスティリオーニの聖地へ!

アキッレ・カスティリオーニ生誕100周年を記念して、東京東麻布の〈Flos Space〉に名作照明が大集合。本拠地ミラノでの回顧展も開催中です!

生誕100周年を記念し、《TOIO》(1962)のマットブラック仕様が限定2500台で登場。リミテッドエディションの光源は、自動車のビームランプ。162,000円。
今年イタリアで復刻された、遊び心満載の照明《NASA》(1974/2018)。当時ガジェットとして生み出された。
《NASA》の豆電球をメガネフレームに装置すれば読書灯に。
もとはウィンドウディスプレイ用に、望む場所に光をもたらすため考えられた吸盤付きの照明《Ventosa》(1962/2018)もイタリアではLEDで復刻。
使い方はさまざま。いろいろな場所に吸い付いて照らしてくれます。
「カスティリオーニ流」の世界に触れられるまたとないチャンス。

“If you are not curious, forget it “ - Achille Castiglioni

〈FLOS SPACE〉
東京都港区東麻布1-23-5 PMCビル8階 TEL 03 3582 1468。〜12月12日。11時〜18時。土曜・日曜・祝日休。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます