店舗デザインは森田恭通!〈フランフラン〉新ブランドのショップが祇園に。 | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

店舗デザインは森田恭通!〈フランフラン〉新ブランドのショップが祇園に。

〈フランフラン〉の新ブランド〈Master Recipe〉初のショップがオープン。京都・祇園の目抜き通りに、森田恭通が手がける町屋風建築が誕生した。

二階の天井から一階まで届く、扇子を使ったモビール状のモニュメント“モリダー”。photo_ Nacasa&Partners Inc.
森田らしい個性が光る一方で、全体としては落ち着いたトーンを保っている。その絶妙なバランスを支えているのは、ディティールに宿る意匠だ。

森田 “主張しすぎないこと”を心がけました。いつもだったら自分がやるような試みも、一つ手前でペンを置くようにしました。まぁ、“モリダー”は作っちゃったけどね(笑)。デザインは、シンプルであればあるほど難しい。商品自体は繊細で小さいものも多いので、それらがきちんと浮かび上がってくるように、細かいところに気を配りました。

特徴的な壁面の陳列棚は、曲線的な窪みのなかに、直線的な白木の什器が、まるで宙に浮かぶようにして設けられている。

森田 日本の建築の基本的な要素というとやはり直線ですが、それを曲線で柔らかく包み込んだようなイメージですね。そうすることで、直線がより効いてくるんです。照明に関しては、もちろん商品に直接注ぐ光も必要ですが、基本照明の数をできる限り抑えました。什器の裏側につけたライトによる間接照明の、膨張するような、柔らかな光で商品を見せています。

二階に上がると、一階のモルタル素材の床とは足元の感触が異なるのに気がつく。

森田 二階は、ヨーロッパ産の重歩行用の素材を使って、畳風に仕上げています。音を吸収してくれるので、ハイヒールで歩いてもコツコツしないんです。音は、大切ですよね。和の空間っていうと白木の床を考えがちなんですけど、商品を見ているときに足音が響くのは避けたかったので。
壁面の棚も、今回の店舗ために新たにデザイン。漆喰の壁に曲線的な窪みを空け、そのなかに白木の什器を設置している。什器の裏側にはライトが誂えられており、間接照明となって商品を浮かび上がらせる。photo_ Nacasa&Partners Inc.
二階の床は畳風の織り素材。歩く音が響かず、落ち着きのある店内空間が保たれる。photo_ Nacasa&Partners Inc.
壁面の棚も、今回の店舗ために新たにデザイン。漆喰の壁に曲線的な窪みを空け、そのなかに白木の什器を設置している。什器の裏側にはライトが誂えられており、間接照明となって商品を浮かび上がらせる。photo_ Nacasa&Partners Inc.
二階の床は畳風の織り素材。歩く音が響かず、落ち着きのある店内空間が保たれる。photo_ Nacasa&Partners Inc.
和を基調にしながらも、それに囚われることはないインテリアデザイン。伝統に対してリスペクトを持ちつつも、その魅力を換骨奪胎し、現代に即した形で新たに提示するそのマインドは、店内に並んでいる多種多様なクラフトの作り手たちと、同じ視線に立ったものになっている。

森田 僕自身、日常生活で使いたいものや、ギフトとして贈りたいものがたくさんあります。こういう使いたくなるような伝統工芸って、あるようでいて、なかなか見つからないんですよね。実際に手にとって商品を見てもらって、通販では感じられないものをぜひ体験して欲しいと思います。…いいこと言ったね、いま(笑)。