古今東西 かしゆか商店 東京特別編【洋服ブラシ】 | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

古今東西 かしゆか商店 東京特別編【洋服ブラシ】

『カーサ ブルータス』2018年11月号より

日常を少し贅沢にするもの。日本の風土が感じられるもの。そんな手仕事を探して全国を巡り続ける、店主・かしゆか。今回のテーマは、東京特集号に合わせた“江戸の手仕事”。三百年続く日本橋の老舗で、手植えの洋服ブラシを見つけた。

築90年の店内で。「掃除好きにはたまらない品揃え」とかしゆか店主。職人の寺沢一久さんと。
大正8年の注文書。
築90年の店内で。「掃除好きにはたまらない品揃え」とかしゆか店主。職人の寺沢一久さんと。
大正8年の注文書。
ブラシを指で触ってみると、毛先は柔らかいのに、毛の一本一本に弾力があってしっかりしています。このふわっと感が手植えの魅力。生地を傷めず埃がよく取れて、静電気も起きにくい……と聞いて、買い付けはこの洋服ブラシに決定! ニットやコートなど、これからの季節に重宝しそうです。
「手触りと佇まいの愛らしさが素敵」。
天然の豚毛。数本ずつ毛束を取って植えていく。
「手触りと佇まいの愛らしさが素敵」。
天然の豚毛。数本ずつ毛束を取って植えていく。
さて、今回私がぐっときたのは、店主・濱田さんの潔いこの言葉。

「私どもの商品は、日常の主役ではなく、生活の快適さを支え、人の役に立つための“道具”です」

街の景色は変わっても、職人の手技が江戸の粋を伝え、私たちの暮らしを楽しく快適にする。これも“今の東京”の豊かさですよね。

洋服ブラシ「別誂」江戸屋

左/ウールのスーツやコート、カシミヤ、着物にも使える万能タイプの手植えブラシ。豚毛、水目桜。全長26×幅6×高さ6.6cm。18,000円。右/急須の注ぎ口用ブラシ500円。

中央区日本橋大伝馬町2-16 TEL 03 3664 5671。9時〜17時。土曜・日曜・祝日休。

かしゆか

樫野有香(かしゆか)テクノポップユニットPerfumeのメンバー。大好評の最新アルバム『Future Pop』を掲げ、全国アリーナツアー真っ最中。最近の探しモノは使いやすい園芸バサミ。www.perfume-web.jp