バカラで彩るインテリア術|第2回 リビング | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

バカラで彩るインテリア術|第2回 リビング

深く美しい透明感を備えたクオリティーの高いクリスタルの代名詞として、長い歴史を刻んできた〈バカラ〉。その上質さに触れる機会は、もっと日常であっていい。〈バカラ〉のある暮らしのヒントを紹介するシリーズ、第2回はリビング編です。

フロアランプの光が、周囲にあるクリスタルのアイテムを柔らかく照らすコーナー。
フロアランプ《トーチ フロアランプ ブラック》660,000円、《アルクール  デカンタ》190,000円、《アルクール バラスターベース クリア L》250,000円、《アルクール タンブラー》31,000円。
《トーチ フロアランプ ブラック》660,000円。
《アルクール バラスターベース クリア L》250,000円。
《アルクール  デカンタ》190,000円。
1枚目写真にあるバカラ以外の商品クレジットはこちら。
フロアランプの光が、周囲にあるクリスタルのアイテムを柔らかく照らすコーナー。 フロアランプ《トーチ フロアランプ ブラック》660,000円、《アルクール  デカンタ》190,000円、《アルクール バラスターベース クリア L》250,000円、《アルクール タンブラー》31,000円。
《トーチ フロアランプ ブラック》660,000円。
《アルクール バラスターベース クリア L》250,000円。
《アルクール  デカンタ》190,000円。
1枚目写真にあるバカラ以外の商品クレジットはこちら。
カラフルなアイテムやポップなオブジェを自由に取り入れながら、ところどころに黒を使って空間を引き締めるのはワンランク上のテクニック。〈バカラ〉の《トーチ フロアランプ》のブラックタイプは、このブランドを代表するシャンデリア《ゼニス》にインスパイアされたアリック・レヴィによるデザインで、クラシックな趣を特徴とする。ただしシェードを上下逆さまにして、斬新なイメージも取り入れた。定番的なクリスタルのフラワーベースとの相性もいい。
アールデコを感じさせる幾何学的なパターンは、現代の空間にも取り入れやすい。
テーブルランプ《ヘリテージ コルドン ランプ》260,000円、《ヘリテージ ランプシェード ブラック》40,000円、《ルージュ 540 パフュームキャンドル》85,000円。
《ヘリテージ コルドン ランプ》260,000円(シェード別売り)。
《ルージュ 540 パフュームキャンドル》85,000円。
アールデコを感じさせる幾何学的なパターンは、現代の空間にも取り入れやすい。 テーブルランプ《ヘリテージ コルドン ランプ》260,000円、《ヘリテージ ランプシェード ブラック》40,000円、《ルージュ 540 パフュームキャンドル》85,000円。
《ヘリテージ コルドン ランプ》260,000円(シェード別売り)。
《ルージュ 540 パフュームキャンドル》85,000円。
テーブルランプ《ヘリテージ コルドン》は、1920年代から70年代にかけて〈バカラ〉のアーティスティックディレクターとして活躍したジョルジュ・シュヴァリエの作品をリメイク。そのフォルムはボルトをモチーフにしたもので、水平の細い溝状のカットはグルーヴと呼ばれる。アールデコ的な造形に合う色は、やはり黒。〈バカラ〉のランプは、照明として使う時はもちろん、1日を通して空間を飾るアートとしての役割を果たしてくれる。

アナログな質感の家具やオーディオに、クリスタルの洗練された輝きが映える。
《オブジェクティフ ボウル》105,000円。
《オブジェクティフ ボウル》105,000円。
アナログな質感の家具やオーディオに、クリスタルの洗練された輝きが映える。 《オブジェクティフ ボウル》105,000円。
《オブジェクティフ ボウル》105,000円。
クリスタルのボウルは、フルーツボウルとしても、花器としても、さまざまに役立つ汎用性の高いアイテム。リビングルームでは、置き場所に困る細々としたものを見栄えよくディスプレイするためにちょうどいい。《オブジェクティフ ボウル》はカメラの絞りの機構から着想したというダイナミックな造形が個性的。何も入れなくても絵になるが、あえてラフな感覚で使いたい。ヴィンテージのオーディオやカメラなどと同じように、愛着をもつのにふさわしい器だ。

バカラショップ 丸の内 TEL 03 5223 8868

関連記事

バカラで彩るインテリア術|第1回 ダイニング
バカラで彩るインテリア術|第3回 アウトドア