Good TOOLS For Me|愛用のポータブルスピーカーを教えてください。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

Good TOOLS For Me|愛用のポータブルスピーカーを教えてください。

『カーサ ブルータス』2018年10月号より

毎回3人のゲストに愛用の日用品を教えてもらうコーナー。今回は音楽通が選ぶ、音の確かなポータブルスピーカーです。

〈X-mini〉の超小型スピーカー《MAX》

写真の赤いモデルが《MAX》。現在はひとつ約80Gだが、写真の白い2009年モデルは約50Gとさらに軽かったそう。《MAX》はステレオモジュールだが、ひとつずつモノラルスピーカーとしても使える。
2009年、ブラジル音楽界の鬼才エグベルト・ジスモンチを招聘した時、ツアー中にこれ何だと思う? と掌に載せた小さなボール球を見せられた。こんなに小さいのに凄く高音質のスピーカーなのだと得意げに言う。パソコンに接続し、終わったばかりの公演の録音を一緒に聴いた。パソコン内蔵スピーカーの音より遥かにクリアだ。さらに球をひねると蛇腹が飛び出し低音が響く。木の机の上、ガラスのテーブルの上などスピーカーを置く場所を変えると音が変化する。旅の多いミュージシャンには最適なサイズと重さ。しかもお手頃価格なので、行きの空港で見つけ即購入したのだという。羨ましがると、復路の空港で見つけてすぐに送ってくれた。ツアーは日本のオーケストラとの共演で、寿命が縮むほど大変だったけれど、そのスピーカーで聴いた公演の成果は素晴らしく、また届いた小さな贈り物は、巨匠の優しさに触れた良い思い出だ。唯一、ステレオでないのが残念だったが、新しいモデルにはステレオタイプもあるので、今はそれを愛用している。

田村直子 音楽プロデューサー

たむらなおこ 音楽プロデューサー、ラジオディレクター。ジャズやワールドミュージックのラジオ番組を制作。海外アーティストの招聘やコンサートのプロデュースも行う。