パリ発コスメ〈ビュリー〉が京都にも登場。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

パリ発コスメ〈ビュリー〉が京都にも登場。

パリ発のコスメブランド〈オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー〉が、日本で2店舗目となるショップを京都にオープンした。

美しいグラフィックにファンも多いパリ発の総合美容薬局〈オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー〉。1803年に創業した老舗美容薬局を2014年、アートディレクターのラムダン・トゥアミと妻であり美容専門家のヴィクトワール・ドゥ・タイヤックが、リブランディング。昨年、代官山に日本初のショップをオープン、そのユニークな店舗デザインが大きな話題を呼んだ。そんな〈ビュリー〉が今年6月に2店舗目となる路面店を京都にオープンした。
〈ビュリー京都店〉の入り口。
気になるデザインは京都らしさを生かし、外観は日本の茶室によく見られる数寄屋建築をイメージ。また聚楽壁や沓石、障子、躙り口など、茶室の要素を随所に取り込んだ。
寄木細工の床が広がる店内。
店内に一歩入ると一転して、創業当時の19世紀フランスをイメージしたレトロな空間に包まれる。ブランドを象徴する重厚な薬局棚は、フランスから呼んだ木工職人が楡やオークなどの伝統的技巧を駆使して仕上げられ、ここでもラムダンのこだわりを感じる。
19世紀をイメージした薬壺が配された薬局棚。
4メートルの高さを誇るブティックの天井には、17世紀のパリで流行した肖像画が飾られた。
19世紀をイメージした薬壺が配された薬局棚。
4メートルの高さを誇るブティックの天井には、17世紀のパリで流行した肖像画が飾られた。
時空を超えてフランスと京都、2カ国の文化を表現した〈ビュリー京都店〉に注目です。

〈オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー〉

京都市中京区河原町通三条下ル山崎町251 京都BAL1F TEL075 286 3584。11時〜20時。