「桜製作所・永見眞一会長、92歳の仕事」展が開催。 | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

「桜製作所・永見眞一会長、92歳の仕事」展が開催。

桜製作所の永見眞一さんのものづくりの原点や制作のプロセスを感じることのできる展覧会が3月28日から開催される。92歳になる永見眞一さんも在廊の予定だ。

挽き割った丸太の隣り合った2枚の板を、本を開くようにつなぎ合わせて使う技法がブックマッチ。左右対称の木目となるのが特徴。
会場では、木の美しさを最大限に生かした、ブックマッチという手法により制作した11枚のテーブル用天板と無垢の1枚板で制作した7枚のテーブル用天板を展示する。ウォールナットを中心に、クリやカバザクラ材など、普段なかなか家具に使用しないような彫刻的な形の木や部位など、さまざまな木の魅力が味わえる。
彫刻的な木の形を生かしたテーブル用天板。
18種類の板を使って表現された世界はまるで絵画のよう。「木をつかって絵を描きました」と永見眞一さん。御年92歳にして現役。素敵です。

11 Book Matches & 7 Solid woods 永見眞一、92歳の仕事

〈桜製作所 桜ショップ銀座店〉

東京都中央区銀座3-10-7
銀座東和ビル1F TEL 03 3547 8118。3月28日(土)〜4月12日(日) 11時〜18時30分。作家在廊日 3月28日(土) 13時〜、29日(日)11時〜15時の予定。公式サイト

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます