長山智美 デザイン狩人[出張編]メゾン・エ・オブジェ・パリ1月展 現地レポート! | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

長山智美 デザイン狩人[出張編]メゾン・エ・オブジェ・パリ1月展 現地レポート!

1月19日〜23日、またまたメゾン・エ・オブジェ・パリ行ってきましたの。捕獲してまいりました良かったモノたちを、本誌に先立ちイチ早くスペシャルレポート。

すてきブースのデコレーションの他にメゾンで堪能できちゃいますのは、これからのトレンドシーン。ワタクシが今回チェックしまくってしまいました(おそらく)最先端と思われますトレンドは、日本でも最近人気が出つつありますアール・デコやプレモダンスタイルにヤリ過ぎイキ過ぎをプラスしちゃいました過剰なデコスタイル。
〈ABHIKA〉さまは前回メゾンでいちばん気になりましたイタリアン過剰デコブランド。今回いちばんの気合を感じました勝負ルームはコチラ、ツイン・ピークスチックな赤いお部屋。定番のシチリア民芸顔オブジェも健在でございます。
このとこスタジオ・ヨブさまのスパイシーなアイテムをリリースし続けてます〈SELETTI〉さまのメラメラブース。新作は金のバナナ照明でございます。
動物陶器などで日本でもお馴染みの〈JONATHAN ADLER〉さまの50’sチックなインテリア。新作《SIAM》コンソールはピーコックブルーなる深い色合いのラッカー塗装が施されましたトレンディーなお品。キラキラデコとのコーディネートでNYのセレブ女子のお部屋ぽい印象に☆
毎回会場内でも最大級の面積を使い、数々のお部屋スタイリングを見せてくださりますオランダのラグジュアリアスインテリアブランド〈EICHHOLTZ〉さま。グリーンの壁とゴールドで統一されましたシェルフデコレーション、ブース内に入りました瞬間にさっそく刺さってしまいましたの。
コチラも同じく〈EICHHOLTZ〉さま。ブース内でもピカイチの豪奢なメインリビング。ソファはグリーンのベルベット、金具はゴールド、トロピカル系グリーンが配されてますあたり、さすが分かってらっしゃります。
カラーリングはトレンドのグリーン、ゴールド、ピンク。上質な素材を使いましたアール・デコやらクラシックやらのインテリアを、ヨーロッパの方ならではの上級コーデテクとハイテンションでもって十二分にも見せてくださります。過剰過激であっても洗練を感じさせます調和感はさすが! とお写真撮りまくりのワタクシでございました。
過剰インテリアには必須のゴージャス系デコがてんこ盛りの〈C&C INTERIORS〉さまブース。「さすがおフランス☆」と思いきやデンマークのブランドでございました。シンプルてイメージの北欧でございますが、案外過剰なメンタリティも存在するのかもしれませぬ。
ヨーロッパ人が考えるオリエンタルスタイルてのを見せてくださりますフランスのブランド〈asiatides〉さま。トロピカル柄壁紙にシノワズリーのテイストをまぶしましたつうタダ者ならぬデコ・オン・デコにアドレナリン急上昇でございます。
刺激的かつモードな壁紙やファブリックスをリリースされてますイギリスのブランド〈HOUSE OF HACKNEY〉さま。2018 SSコレクションは英国のカントリーハウスからインスパイアされましたつう「チンツ」がテーマですとか。「チンツ」とは、インド更紗文様にヨーロッピアンアレンジが施されましたエキゾチックテイストのファブリックスのコトでございます。アヤシ気な動物デコが相俟ってアドレナリンはますます上昇⤴
ヴンダーカンマー(驚異の陳列室)的デコを毎回これでもかッとばかりに見せてくださりますフランスの博物学的インテリアブランド〈OBJECT DE CURIOSITE〉さま。今回の見所は、なんと言いましてもワニワニ天井でございましょう。安定の驚異感フルスイングでございます。
ラストは今回の過剰デコにおきまして、まさにその極めプリでワタクシの最高得点をマークしました〈MARIE MARTIN〉さまのブースデコレーション。まずはエントランスにてナゾのクジャク照明とスフィンクス、緑のフリンジつきベルベットカーテンがお出迎え。
〈MARIE MARTIN〉さまブース内部はまさにゴージャス尽くし。これだけの過剰がシックに収まって見えますのは、ゴールドの質感と深い色合いのトーンをしっかり揃えたコーディネーションの成せるワザ故でございますかと。マジにアッパレ。大満足でございます☀
てな感じでメゾン・エ・オブジェご報告はいかがでございましたでしょか? 今回ご紹介さしていただきましたのはハイライトのごくごく一部でございます。メゾンで捕獲したアイテムは本誌4月号でもご紹介予定。そして、次回開催は9月。みなさまにも「現地でリアル体験してみたい!」なんてなご興味をお持ちいただけましたら幸いに存じます。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます