海外での経験が、デザインに及ぼす影響とは? | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

海外での経験が、デザインに及ぼす影響とは?

スイスの美術大学、ECALを卒業した有志4名でスタートした〈Re-Importation〉。学業のあいだ海外に身を置いたことで自身のアイデンティティーを見直した若き日本人デザイナーたちが、それぞれのデザインアプローチを紹介する。

Re-Importation02 @アクシスギャラリー シンポジア

第2回となる今年の展示には、昨年のメンバーに加え、新たに森永泰教、坂下麦、三島大世、山越美佳、浦中廣太郎の5名が参加。地域や文化を超えた先に見るデザインの可能性を探る。

『Re-Importation02』

〈アクシスギャラリー シンポジア〉

港区六本木5-17-1
AXISビルB1 TEL 03 5572 0800。11時〜19時。無休。10月16日〜22日。