建具専門のネットストア〈戸戸〉でLet’s! 模様替え。

住宅リノベーションを数多く手がける人気の若手建築家が、ネットストアを開設! 販売するのはオリジナルの建具です。

戸/Door
木枠にはめる素材が重要です。

家は建具でもっと面白くなる。そんな思いから生まれたネットストア〈戸戸〉。立ち上げたのは、住宅リノベーションに定評がある建築デザイン事務所〈キャンプデザイン〉の藤田雄介さんだ。

「建具は建築の中でも触る機会の多い部分なんです。床や壁は触らなくても、建具には毎日触れますよね。だから、もっと身近な存在として、設計者も住み手も建具に着目してはどうかと考えました」
ホワイトアッシュの無垢材で作った木枠にガラスをはめた「ガラス引き戸」や、一般的な襖の規格で作った「布框戸」などがある。「布框戸」は自分で布張りをすることも可能。建具は既存の開口にピタリとはまるかが不安だが、HP上に採寸マニュアルがあるから安心だ。
藤田さんが設計した建具は、以前からDIYパーツなどを扱う〈ツールボックス〉でも販売していたが、新たに専門のストアを立ち上げたのも、建具の面白さを意識的に広げたかったからだという。

「例えば、ガラスの引き戸は透明性のある膜のようなもの。視覚的な広がりを保ちつつ、音や匂い、隣の部屋の雰囲気など、目に見えないものを仕切ることができる」

襖と障子の合いの子のような布框戸は、好みの布を張れば、“面”として部屋を彩る効果も。木枠にはめる素材ひとつで、建具の役割は様々に変わっていく。