アアルトのプラント ポットが80年越しの製品化! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

アアルトのプラント ポットが80年越しの製品化!

フィンランドの家具ブランド〈アルテック〉から、アイノ・アアルトがデザインした植木鉢《リーヒティエ プラント ポット》とロナン&エルワン・ブルレックが初めて手がけたテキスタイル《リヴィ》が登場。

《リーヒティエ プラント ポット》 Bタイプ(小)7,900円。
《リーヒティエ プラント ポット》のオリジナルはアルヴァ・アアルト、アイノ・アアルト夫妻が1990年代まで暮らしたヘルシンキ郊外の自邸にある。現在、ミュージアムとして多くの人が訪れるこの家のテラスで、ひときわ存在感を放つ白い大きな植木鉢だ。
下/《リーヒティエ プラント ポット》 Aタイプ(大)17,300円。上/《リーヒティエ プラント ポット》 Bタイプ(小)7,900円。
これはもともとアイノ・アアルトがデザインし、1937年のパリ万博で発表したものの製品化には至らなかったアイテム。その植木鉢を《リーヒティエ プラント ポット》として80年越しに製品化させたのが、アアルト夫妻らによって誕生した家具ブランド〈アルテック〉。フィンランド独立100周年の今年、夫妻の夢が実現した。
オリジナルは室外用の大きな作りだが、製品は室内に置きやすい3サイズで展開。素材をセラミックに変更し、一つずつ人の手によって作られている。夫妻が夏を過ごした「実験住宅」のタイルの色から着想を得て生まれた、ホワイトとブルーの2色がラインアップされている。