スティーブ・ジョブズに捧ぐ、アップル初デザイン本。ジョナサン・アイブ独占取材

アップルから『Designed by Apple in California』が発売される。アップルデザイン20年の歴史を、プロダクトの写真450点を通して語る公式の書籍だ。カーサは、アップルのチーフデザインオフィサー、ジョナサン・アイブを独占取材。構想8年、序文で“スティーブ・ジョブズに捧げる”と掲げた、その思いとは?

《Apple Watch》(2015年)。

Q この本はスティーブ・ジョブズに捧げられていますね。

A スティーブが亡くなってから5年が経ちます。序章にも書きましたが、我々の成功はスティーブなくして語ることはできません。スティーブのおかげでみんな一緒に働いていますし、たくさんの製品を生み出して来られたのです。今でも、彼と一緒に働けたことをとても誇りに思っていますし、いつもそのことを心に留めています。

《Apple Watch》(2015年)。

Q スティーブとデザインについて話し合った時に、今でも思い出す言葉はありますか?

A 良い質問ですね。とてもひと言だけ選ぶことはできませんが、共に作業をした経験は、今でも製品への考え方や作業のやり方に影響を与えていると思います。そういう意味では、今でもいつもスティーブを意識しています。