佐藤オオキが語る、NHKドラマ『運命に、似た恋』制作秘話。 | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

佐藤オオキが語る、NHKドラマ『運命に、似た恋』制作秘話。

北川悦吏子のオリジナル脚本によるNHKの恋愛ドラマ『運命に、似た恋』が放送中。本作でデザイン監修を担当したデザインオフィスnendoの佐藤オオキに、その舞台裏を聞きました。

インスタレーション会場でふたりが語り合う場面のロケセット。
第2話に登場するユーリの個展には、こちらも佐藤がデザインした、巨大な布を使ったインスタレーションが展示される。そのシーンの撮影現場を訪れてみると、会場設計はもちろんのこと、並べられている作品から、デザイナーのプロフィールボードやフライヤーに至るまで、あらゆるものが本物の個展に限りなく近く再現されていることに驚かされた。
インスタレーションの中には、ドラマ中に登場する花《サガリバナ》をモチーフにしたオブジェが漂っている。
ユーリのプロフィールが書かれたボード。
個展のフライヤーも実在するかのような完成度!
インスタレーションの主役となるユーリの新作チェアは、佐藤がデザインした。
「本作のなかに登場する作品は、あくまでも北川さんの脚本により誕生したデザインコンセプトなので、完全なるnendoのデザインとは呼べません。そこに登場するデザイナー自身をデザインしたという感じなのかもしれませんね」

北川悦吏子が紡ぎだすラブストーリーと、佐藤オオキが監修したデザインの世界。両方に注目しながらドラマの話の行方を楽しみたい。

ドラマ10 「運命に、似た恋」

放送中〜11月11日(金)放送

NHK総合 毎週金曜日 22:00〜(49分全8回)



脚本:北川悦吏子 出演:原田知世、斎藤工、山口紗弥加、大後寿々花、小市慢太郎、渋谷謙人、西山潤、久保田紗友、草笛光子、奥田瑛二ほか デザイナー考証、タイトルロゴ:佐藤オオキ 公式サイト