ilove.cat:マジシャン・前田知洋☓ヒミツ 一瞬で見惚れる、しなやかな動き | ページ 4 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS facebook-a facebook instagram line twitter youtube

ilove.cat:マジシャン・前田知洋☓ヒミツ 一瞬で見惚れる、しなやかな動き

クロースアップ・マジックの第一人者として知られるマジシャンの前田知洋さんは、三浦半島に構えるご自宅で、愛猫・ヒミツさんと暮らしています。取材中、まるでマジックのように姿を消してしまった、ちょっぴり人見知りなヒミツさん。マジシャンという、華やかでありながら孤独な仕事と向き合う前田さんにとって、猫が必要な理由とは?

SNS疲れに効く!? ネコミュニケーション

Q 前田さんは、ご自身のFacebookに、マジックのお話だけでなくヒミツさんの写真をたまにアップされていますよね。その投稿をみて、猫好きな方だと知りました。

ありがとうございます。僕はブログをスタートしたのはすごく早かったのですが、今はFacebookやTwitterをやっています。でも、ここ最近はあまり更新していないんですね。インターネットで何を発信すべきか、しないべきか、また誰かを傷つけてはいないか、常に気をつけなければいけない。だから、困ったときには猫の写真をアップしています(笑)。でもそういった気遣いは時に疲れてしまって、デジタルデトックスまではいきませんが、SNSから少し距離をとりたいなと思い控えていました。でもそんな時に、犬と猫のためアプリ『ドコノコ』がスタートして、一気にハマりました。ヒミツの名前でやっています。猫の名前で他人とコミュニケーションするなんて、なんて面白いんだろうと。人間同士のコミュニケーションはやや過剰で複雑になってしまいましたよね。“猫がカワイイ”という、単純な気持ちコミュニケーションできるから、すごく楽になりました。
Q 確かに、すごくシンプルなコミュニケーションですよね。

人間には、誰かと繋がりたい欲求があり、インターネットはその手段として利用されています。僕は仕事の度に、クライアントが変わります。そうすると相手のことを知るため、ゼロからコミュニケーションしなければならず、とても体力が要ります。でもそんな時、猫を飼っているんですよ、という話をすると、一気に親しく慣れるんです。
Q それはまさに、ネコミュニケーションですね!

猫を飼っているからって、相手が信用できる人かどうかなんて、本当はわかりません。でも、なぜか仲良く慣れるんです。おそらく、複雑になりすぎたコミュニケーションが、猫を通すと単純になる。誰でも、子どもの頃のような、素直な感情をストレートに表現できるんです。カワイイ! イイね!って、しがらみ関係なく、反応できる。それが、猫が現代のライフスタイルにしっくりくる理由だと思います。