土田貴宏の東京デザインジャーナル|ミラノのデザイン週間で出会った印刷物ベスト5 | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

土田貴宏の東京デザインジャーナル|ミラノのデザイン週間で出会った印刷物ベスト5

ミラノサローネを中心とするミラノデザインウィークは、毎年4月に行われるデザイン界の世界的な恒例行事。その数々の展示会場で入手した膨大なカタログや冊子から、特にクオリティの高いものをピックアップ!

世界的に評価の高いデザイン専門誌『Disegno』による『THE SPECTRE OF MILAN』表紙。革新的なデザインが集まる『Atelier Clerici』展などで配布された。
2011年創刊のイギリスのデザイン誌で、年2回の発行が今号から季刊になった『Disegno』。これまでもミラノデザインウィークに合わせてトークイベントなどを行ってきたが、今年はタブロイド風の冊子『THE SPECTRE OF MILAN』を配布した。

一流のデザイナーたちがミラノについての私的な思いや記憶を語る内容で、アレッサンドロ・メンディーニ、パトリシア・ウルキオラ、ジャスパー・モリソン、コンスタンティン・グルチッチ、佐藤オオキ、ハイメ・アジョン、ヘラ・ヨンゲリウス、パオラ・アントネッリなど豪華な面々が参加。内容は贅沢だが、誌面構成はしみじみとしていて渋い。

写真は新たに『Disegno』のクリエイティブディレクターに就いたフロリアン・ベーム、グラフィックデザインは彼のスタジオが担当。“デザインの祭典”というデザインウィークのイメージと一線を画して、デザインと街のつながりを冷静に見つめる視点に共感させられる。
『THE SPECTRE OF MILAN』誌面。ベテランデザイナーのナタリー・ドゥ・パスキエやアルメルド・メダも、往年のミラノの思い出を述べている。写真はアーティストでもあるフロリアン・ベームがタクシーの窓から撮影したミラノの街。