古今東西 かしゆか商店【アルミの行平鍋】 | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

古今東西 かしゆか商店【アルミの行平鍋】

『カーサ ブルータス』2021年12月号より

日常を少し贅沢にするもの。日本の風土が感じられるもの。そんな手仕事を探して全国を巡り続ける、店主・かしゆか。今回出会ったのは、大阪の鍋工房〈姫野作.〉による行平鍋。アルミを叩いて強くする “打ち出し” でつくる日用品です。

姫野寿一さんと。
鎚目をつけることで鍋肌の表面積がほんの少し広がり、熱伝導率が上がるうえ、熱も均一に伝わる。
「近所の人は、この音で “今日は調子よさそう” “しんどそうや” と気づくそうですよ」と姫野さん。その感じ、何となくわかります。

底と側面を叩いたら、次は角になっている立ち上がり部分です。
鍋の種類や寸法により道具も替わる。
「ここが、鍋底で受けた熱を鍋全体に伝える重要な部分。調理中は五徳に当たって傷みがちでもある。だから角だけは同じところを4周叩いて頑丈にするんです」


コンコン…キンキンキン……さっきよりも一段と高い音。しかも、1周目、2周目、と少しずつ音程が変わっていくんです。そう思いながら眺めていたら、叩いた瞬間の鎚目がじわっとにじみ、広がっていくように見えた気がしました。
会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!