《バルミューダ ザ・トースター》で究極のトーストを味わう。 | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

《バルミューダ ザ・トースター》で究極のトーストを味わう。

『カーサ ブルータス』2021年11月号

パンのおいしさを格上げする《バルミューダ ザ・トースター》。フードエッセイストの平野紗季子と文筆家の甲斐みのりがお気に入りの食パンを焼いて、食べ比べて、その実力を体感。

●平野紗季子のおすすめ食パン

〈シニフィアン シニフィエ〉の《パン ド ミ》 「シンプルだけど噛むほどに旨みが広がります」(平野)。ホップと米麹で作った酵母、レーズン酵母を掛け合わせ、低温長時間発酵させた食パン。ぷるっとみずみずしく、小麦本来の風味が味わえる。
1,400円。●〈シニフィアン シニフィエ 世田谷本店〉東京都世田谷区太子堂1-1-11 TEL 03 6805 5346。11時〜17時(土・日・祝〜18時)。不定休。
〈パスコ〉の《超熟4枚スライス》 もっちり&しっとりのベストセラー食パン。「開封したときの香りが好きすぎて、顔をつけてスーハーしたい。そのままでもトーストでもおいしい、気取らない幼なじみ的存在」(平野)
1998年発売。国産小麦「ゆめちから」をブレンド。小麦の一部を熱湯でこねる独自の製法により、もっちり&しっとりとした食感に。240円。●〈パスコ〉 TEL 0120 084 835(お客様相談室)。
会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!