古今東西 かしゆか商店【 伊賀くみひもの帯締め 】 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS
1/8
三重県の伊賀街道沿いに工房を構える〈松島組紐店〉は昭和7年創業。右ページはスタンダードな手組の組紐。随時100色ほど揃うという。「優しい手触りとグラデーション。たまらなく好きな色合いです」とかしゆか店主。
少し前に紬の工房を訪ねて着物への憧れが強まったのを機に、今回は帯締めを探そうと思い立ちました。出かけたのは、三重県の伝統工芸“伊賀くみひも”の工房、1932年創業の〈松島組紐店〉です。

組紐は絹糸を染色し、組台を使って編み上げたもの。江戸、京都と並ぶ産地・伊賀の組紐づくりは、奈良時代より前から始まったと言われています。中でも手組の帯締めは全国の大半を占める生産量なのだとか。さっそくその「手組」を見せていただきました。
2/8
Buying No.33【 伊賀くみひもの帯締め 】絹糸を“組んで”つくる組紐は奈良時代から続く美しさ。
「組紐の原点は三つ編みです。2本だと“撚り”にしかならず3本で初めて“組み”ができるんです」

と話すのは当主の松島俊策さん。工房には鼓形の丸台や織機に似た高台など、3本ならぬ数十本の糸を掛けた組台が並んでいます。この日、高台で伝統的な高麗組の組紐を組んでいたのは松島健太さん。木製の玉に巻きつけた絹糸を、台の上で左から右、右から左へと交差させ、竹のヘラでトントンと締めながら組み上げます。
3/8
伝統的な組台で組む時に使うのが、糸端を巻きつける木製の「玉」。
「糸を交差させることを“綾をとる”と言います。あやとりの綾ですね」と健太さん。綾のとり方で柄が決まるのですが、図案があるわけではなく、綾書きという指示書に沿って手を動かしていく。例えば今日の「きりん」柄なら、約20cmで1リピートとなるよう、150通りもの綾とりを繰り返します。五尺(150cm)の帯締めを組むのに3日はかかるのだとか。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます