PARTYがオフィス空間に合わせてカスタマイズ。仕事場に似合う、ワークテーブル。 | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

PARTYがオフィス空間に合わせてカスタマイズ。仕事場に似合う、ワークテーブル。

『カーサ ブルータス』2020年10月号より

オフィスの形が多様化する時代に求められるワークテーブルとは? クリエイティブ集団、PARTYが、〈コクヨ〉のワークテーブル《センティア》のカスタマイズに挑みました。

《KOKUYO WORK TABLE : SENTIR》

ストレートラインが強調されたシンプルなデザイン。独自の製法により、天板は継ぎ目が目立ちにくいデザインになっている。《センティア》ワークテーブル・両面タイプ W2,000×D1,200×H720mm。296,000円〜。コクヨお客様相談室 TEL 0120 201 594。

PARTY

アイデア・デザイン・テック・ビジネスを越境し、未来の体験を社会実装するクリエイティブ集団。成田空港第3ターミナルの空間デザイン、YouTubeオリジナル番組『のんたれ』の企画制作、パンテーン「#この髪どうしてダメですか」の広告キャンペーン企画のほか、アートと個人の関係を、テクノロジーで変革する「The Chain Museum」など新規事業開発も。アート作品に日本科学未来館常設展示「GANGU」、森美術館「未来と芸術展:2025年大阪・関西万博誘致計画案」など。

北条SANCI

アーティストやクリエイター、イノベーションチームのためのプライベート・ワークスペースであり、鎌倉のカルチャーコミュニティを育むための邸宅。自然に囲まれた建物、時代を超えたデザイン、文化的なエクスペリエンス、そしておもてなしを実現する空間は、長坂常率いるスキーマ建築計画が設計。オランダの「Frame Awards 2019」やアメリカのビジネス誌『Fast Company』の「The 2019 Innovation by Design Awards」をはじめ、国内外のデザインアワードを受賞している。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます