あの人のうつわとレシピ|eri|ウズベキスタンの陶皿とシンプルポモドーロ。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

あの人のうつわとレシピ|eri|ウズベキスタンの陶皿とシンプルポモドーロ。

『カーサ ブルータス』2020年5月号より

料理家や料理上手のクリエイターが大切にしているうつわ。そんなとっておきの一枚に合うとっておきの料理を、〈DEPT〉オーナー・バイヤーのeriさんに教えてもらいました。

赤いうつわに赤いパスタ。服を選ぶように、色を楽しむ。

ウズベキスタンの大皿 旅先のロシアで買った現行品。土っぽさが残る厚手の陶器に真っ赤なザクロが描かれている。「ほどよくテキトウな絵柄にひとめぼれ。今日は2〜3人分のパスタを盛りましたが、一尾まるごと調理した魚をドーン! もいいですよね」。白い皿を並べたテーブルに1枚加えるのも楽しい。φ27×D3.5cm。
大胆な色と絵柄がかえって料理をおいしく見せる。
猛烈にかわいい。真っ赤なザクロが描かれた大皿に、真っ赤なトマトのポモドーロを合わせるなんて。

「絵がついたお皿も色のうつわも、昔から結構好きなんです」

NY生まれの東京育ち。80年代から古着カルチャーを牽引し続ける店〈DEPT〉を両親から受け継いだ。そんなeriさんの感性は、色鮮やかなうつわと料理の取り合わせにも明確に表れている。

「赤い大皿はウズベキスタンのもの。茶色っぽい和食でも地味にならないし、黄色いオムレツも似合います。赤い食べ物がおいしく見えるのと同じで、お皿が赤いと “おいしそう感” を補えるのかな」
ちゃちゃっと手際よく料理するeriさん。
新鮮なミニトマトをたっぷり使って。
パスタはソースが絡みやすいものがおすすめ。
海外への買い付け旅の途中で見つけることも多い。選ぶ時は、どんな料理を盛るか想像する。

「料理が思い浮かぶのがいいうつわだと思うけれど、時には深く考えず、普段は手に取らない華やかな色のうつわを1枚買ってみるのもいい気がするんです。その1枚から料理の幅も広がるから」

オレンジ色の皿に焼きそば、黄色の深皿にミネストローネ……気分があがりますよー、と赤いパスタ&うつわの下に真っ青なメキシコの織物を敷いたeriさん。料理も小気味良さが大切だと実感。
材料(1人分)
パスタ(トロフィエやカサレッチェなどが好み)…100〜120g
ミニトマト…1パック(半分に切る)
もしくは中玉トマト2個
EXVオリーブオイル…大さじ3
塩…トマトにまんべんなくかかるくらい

1 鍋にオリーブオイルを熱してミニトマトをジャッと炒める。味がしっかりつくくらいの塩を加えて中〜弱火でクツクツ10数分。麺のゆで汁を少し足してとろみをつけてもいい。
2 水1リットルにつき大さじ1の塩を入れ、みそ汁くらいの塩加減にした湯で麺をゆでる。アルデンテより少し早く上げ、1の鍋に入れて弱火でぐるぐるかき混ぜる。チーズもコショウもいらないシンプルなおいしさ。
“旅”というテーマで選んでもらった3枚。右/黄色いホーローの深皿はメキシコの蚤の市で。「さらっと盛り付けてもさまになるオーバル皿が大好き。麺類にも合うちょうどいい深さで、活躍度はナンバーワン」。28×23×D3.5cm。左上/メラミン製のオーバル皿は、クアラルンプールで発見。「焼きそばや和え麺をのせると最高。ゆでたアスパラをそのまま並べても」。左下/南仏のピカソ美術館で購入。「ヨーグルトにぴったり。食べ進めるとピカソが描いた顔の絵が現れます」

eri

えり 1983年生まれ。両親が創業したヴィンテ―ジショップ〈DEPT〉を2015年にリオープン。〈mother〉〈VTOPIA〉のデザイナーとしてもカリスマ的な人気を誇る。うつわ好き歴は長く、「母が無類の和食器好きで、小さい時から染付の古伊万里など、柄もののうつわもよく使っていました」。Instagram/@e_r_i_e_r_i

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます