入れ子にしても絵になるマックス・ビルのローテーブル。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

入れ子にしても絵になるマックス・ビルのローテーブル。

『カーサ ブルータス』2019年11月号より

マックス・ビルがデザインした《スリーラウンドテーブル》が復刻された。

写真のロー480,000円とスモール330,000円以外にダイニングも。
空間を広く感じさせる丸みを帯びた柔らかな曲線のテーブルは彼のデザイン以降1950年代に広く普及したという。天板はオリーブ、ブラック、ブルーの3色。

メトロクス TEL 03 5777 5866。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます