トリエンナーレにデザインミュージアムが新設。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

トリエンナーレにデザインミュージアムが新設。

『カーサ ブルータス』2019年8月号より

トリエンナーレミラノの館長で建築家でもあるステファノ・ボエリの尽力により、トリエンナーレの1階にイタリアンデザインミュージアムが新設された。

アレッサンドロ・メンディーニの《プルーストの安楽椅子》。
1,600点にのぼるトリエンナーレコレクションの中から、1946〜81年のイタリアンデザインを中心にセレクト。エットレ・ソットサスやヴィコ・マジストレッティなど世界的に有名なアイコニックな作品が約200点並ぶ様子は圧巻だ。

〈Museo del Design Italiano〉

Triennale Milano via Alemagna 6, Milano TEL (39)02・72434・244。10時30分〜20時30分。月曜休。