古今東西 かしゆか商店【鯖江の眼鏡フレーム】 | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

古今東西 かしゆか商店【鯖江の眼鏡フレーム】

『カーサ ブルータス』2019年7月号より

日常を少し贅沢にするもの。日本の風土が感じられるもの。そんな手仕事を探して全国を巡り続ける、店主・かしゆか。今回は、日本一の眼鏡の産地として知られる福井県鯖江市へ。ほとんどのパーツを手作業でつくる稀有な眼鏡職人を訪ねた。

井戸多美男さんと。「こんなに大きな機械で、こんなに小さい部品をつくるんですね」とかしゆか店主。
磨く前のフレーム。
唯一無二の輝き以外にも、井戸さんの眼鏡にはヒミツがたくさん。たとえばフロントとテンプル(弦)は普通、幾つかの金具をロウ付けして繋ぐのですが、井戸さんはテンプルと蝶番を一体型で製作。高い技術と手間ひまが必要な分、細部まですっきり美しく、しかも丈夫に仕上がるんです。

「何ごとも“できない”ってことはない。できんと思ったら終わり。あえて挑戦していかなきゃ」
選んだのは”鼻パッド”がないタイプ。「肌に跡がつきにくいのがうれしい!」
井戸さんがDIYで建てた工房。
今回の買い付けは、クラシカルな“丸めがね”に決めました。どこを触っても滑らかで、どこから見ても完璧に美しい。ただひとりの手から生み出される「ディテールの美」に驚くばかりです。

眼鏡フレーム 作/井戸多美男

左/「T-416」WG(ホワイトゴールド)。右/「T-416」BS(ブラッシュシルバー)。井戸さんのフレームは、日本を代表する鯖江市の眼鏡メーカー〈金子眼鏡〉の職人シリーズとして販売。金子眼鏡店 銀座店 TEL03 6263 8481。

かしゆか

樫野有香(かしゆか) テクノポップユニットPerfumeのメンバー。全国アリーナツアーの映像作品『Perfume 7th Tour 2018「FUTURE POP」』が大好評。夏に向けて北国の手仕事を探し中。www.perfume-web.jp

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます