ミラノサローネ2019報告 #1 / ハイライト by Casa BRUTUS | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

ミラノサローネ2019報告 #1 / ハイライト by Casa BRUTUS

『カーサ ブルータス』2019年7月号より

恒例のデザインウィークに沸いた4月のミラノ。モードやアートなどジャンルを超えるのは当たり前、スケールの大きなデザインが今年も街を包みました。まずは今年特に目立っていた展示をデザイナー別に紹介します!

●DIMORESTUDIO

Interstellar _ DIMOREMILANO  ディモーレスタジオの家具ブランド〈ディモーレミラノ〉の新作は、大音量のテクノが流れる空間で、90年代と近未来のミクスチャーを感じさせた。このコーナーではオフィスをイメージして家具をレイアウト。 photo_Paola Pansini
Progetto Tessuti _ DIMORESTUDIO  近年、ディモーレが力を入れるテキスタイルの新作。原色、ゴールド、シルバーを取り入れた大胆なパターンが、廃墟のようなムードのある空間により際立っていた。あらゆる色使いがスタイリッシュ。 photo_Progetto Tessuti
Progetto Tessuti _ DIMORESTUDIO  近年、ディモーレが力を入れるテキスタイルの新作。原色、ゴールド、シルバーを取り入れた大胆なパターンが、廃墟のようなムードのある空間により際立っていた。あらゆる色使いがスタイリッシュ。photo_Progetto Tessuti
Visioni - Gabriella Crespi _ DIMOREGALLERY  2017年に世を去ったイタリアの女性デザイナー、ガブリエラ・クレスピが1970年から80年にかけて発表した家具や照明を復刻。奢侈で濃厚な美意識はディモーレの作風に通じる。ここでもゴールドが多用された。
Interstellar _ DIMOREMILANO  ディモーレスタジオの家具ブランド〈ディモーレミラノ〉の新作は、大音量のテクノが流れる空間で、90年代と近未来のミクスチャーを感じさせた。このコーナーではオフィスをイメージして家具をレイアウト。 photo_Paola Pansini
Progetto Tessuti _ DIMORESTUDIO  近年、ディモーレが力を入れるテキスタイルの新作。原色、ゴールド、シルバーを取り入れた大胆なパターンが、廃墟のようなムードのある空間により際立っていた。あらゆる色使いがスタイリッシュ。 photo_Progetto Tessuti
Progetto Tessuti _ DIMORESTUDIO  近年、ディモーレが力を入れるテキスタイルの新作。原色、ゴールド、シルバーを取り入れた大胆なパターンが、廃墟のようなムードのある空間により際立っていた。あらゆる色使いがスタイリッシュ。photo_Progetto Tessuti
Visioni - Gabriella Crespi _ DIMOREGALLERY  2017年に世を去ったイタリアの女性デザイナー、ガブリエラ・クレスピが1970年から80年にかけて発表した家具や照明を復刻。奢侈で濃厚な美意識はディモーレの作風に通じる。ここでもゴールドが多用された。
ディモーレスタジオ  エミリアーノ・サルチとブリット・モランが2003年にミラノで設立。インテリアや家具のデザインに加え、今年は〈ディオール〉のホームコレクションを手がけるなど活躍の場を広げる。