古今東西 かしゆか商店【宮島杓子】 | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

古今東西 かしゆか商店【宮島杓子】

『カーサ ブルータス』2019年5月号より

日常を少し贅沢にするもの。日本の風土が感じられるもの。そんな手仕事を探して全国を巡り続ける、店主・かしゆか。今回は店主ゆかりの広島へ。世界遺産・宮島で江戸時代からつくられている木のしゃもじ、“宮島杓子”の工房を訪ねた。

職人7名による分業制。成形や磨きなど、手の動きの速さに驚くかしゆか店主。
杓子やへラの型取りは板に鉛筆描き。
職人7名による分業制。成形や磨きなど、手の動きの速さに驚くかしゆか店主。
杓子やへラの型取りは板に鉛筆描き。
「薄い方が使いやすいのですが、洗って乾かして……を繰り返すので、あまり薄いと反ったり欠けたりしてしまう。丈夫で長持ちするフォルムと使いやすさを備えた、飽きのこない形を目指しています」と4代目の藤井佐武郎さん。

「芸術性を高めることもできるけれど、それだと価格が上がってしまう。杓子は日常の道具。手ごろな値段で気負わず使ってもらえるものにしたい」という言葉も印象的でした。また、塗装をしていないので、水をよく吸わせてから使うことでご飯粒が付きにくくなる。使い込むと風合いも増すそうです。
「すべすべの手触りは機能性にも通じるんですね」。
嚴島神社の大鳥居。
「すべすべの手触りは機能性にも通じるんですね」。
嚴島神社の大鳥居。
そういえば、以前に訪れた秋田の曲げわっぱも、塗装をかけず木の風合いを大切にしていたな……と思い出しつつ杓子を手にとると、ふわっと優しい木の香り。そうそう、この感じ。今回の買い付けは、木目が美しいヒノキ材の杓子に決定。木の香りはご飯をおいしくする。そう確信した日常の逸品です。

宮島杓子 作/宮島工芸製作所

左/ヒノキ材の杓子。杓子にはビワ形やバチ形があり、今回選んだのはバチ形。700円。右/サクラ材のかえしヘラ(小)。目玉焼きなど小さめのフライパン用に。500円。共に工房での販売価格。広島県廿日市市宮島町617 TEL 0829 44 0330。8時~17時。日曜休。

かしゆか

樫野有香(かしゆか) テクノポップユニットPerfumeのメンバー。4月はアジア・北米ツアーの後、世界最高峰のフェス、コーチェラ2019に出演。ソファや椅子など家具のことも勉強中。www.perfume-web.jp