10の名作椅子で始める新生活。 | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

10の名作椅子で始める新生活。

超定番、話題の復刻、現代のデザイナーの注目作など、多様な椅子からセレクトした10脚のマスターピース。新しい生活にふさわしく、ずっと使い続けられる、価値あるものばかり。

3. ピエール・ジャンヌレ《PH28》
── ブルータルな佇まいににじむ、本物のモダニズム。

コレクターやセレブリティーからミュージアムまで多方面で注目されている建築家、ピエール・ジャンヌレの椅子。現在は海外のインテリア誌でも目にしないことがないほど世界的に人気が高い。ル・コルビュジエが都市計画を手がけた、インドのチャンディーガルの公共施設などのためにデザインされた。オリジナルは文化財としての価値があり国外へ持ち出すのは難があるが、こちらは当時の制作にかかわった職人も協力し、オリジナルと同様の素材や技術を用いて実直に復刻されたもの。ブルータルな存在感は、モダニズムの巨匠ゆかりの椅子ならではだろう。チーク/オイル仕上げ320,000円(51% TEL 03 5577 6293)。

4. イーダ・リネア・ヒルブラウン《ラ・パイプ》
── デンマークの新鋭ブランドによる新しい定番。

現在、ますます存在感を高めているデンマークの新興ブランドの中でも、際立って優れたセンスを感じさせる〈フレンズ&ファウンダーズ〉。その創業者のひとりであるスウェーデン人デザイナー、イーダ・リネア・ヒルブラウンによる《ラ・パイプ》は、洗練されたフォルムと印象深いシルエットを追求している。ヤコブセンなど過去のデザインを連想させるところもあるが、それらを組み合わせながら現代の表現へと高めたセンスは彼女ならではのものだ。立体的な座面のシェルは、光の向きによっても様々に表情を変えていく。138,000円(アクタス TEL 03 5269 3207)。