古今東西 かしゆか商店【金網の吊りカゴ】 | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

古今東西 かしゆか商店【金網の吊りカゴ】

『カーサ ブルータス』2019年4月号より

日常を少し贅沢にするもの。日本の風土が感じられるもの。そんな手仕事を探して全国を巡り続ける、店主・かしゆか。今回は日本一の手仕事の街・京都で、“京金網”の店を訪問。古都の美しい暮らしを支える手編みの台所道具と出会った。

3代目の辻泰宏さんと。
建物の飾り用につくったものが、常連客のアイデアで鍋敷きになった…という人気商品。
3代目の辻泰宏さんと。
建物の飾り用につくったものが、常連客のアイデアで鍋敷きになった…という人気商品。
「編み方次第でいろいろな形や模様ができるのも、金網細工の特徴。先代から受け継いだデザインもあるし、お客さんのリクエストでつくったものが定番になることもあるんですよ」。シンプルで規則的に見える編みも、道具の用途にあわせてねじりの数を変えたり二重に編んだりと、複雑な工夫が施されています。伝統を守りながらも、手加減ひとつで自由自在。緻密さとおおらかさが同居しているように見えました。
「湯どうふのためだけの道具だなんて、贅沢で素敵」とかしゆか店主。
店は京都・夷川通り近く。
「湯どうふのためだけの道具だなんて、贅沢で素敵」とかしゆか店主。
店は京都・夷川通り近く。
さて、今回の買い付けもリアルに欲しいものが多くて迷いましたが、タマネギやニンニクを入れてキッチンに吊しておいたら素敵だろうな……と、実際に使うシーンが想像できた「銅の吊りカゴ」に決定。美しい編み目にほれぼれする、“千年の都”の手仕事です。

銅の吊りカゴ 作/辻和金網

左/根菜や果物を入れて吊すほか、花や鉢植えを飾ってもいい。小・直径14cm×深さ14cm 4,500円。右/湯どうふ杓子・銅・六角中 全長16cm 2,000円。
つじわかなあみ/京都府京都市中京区堺町通夷川下ル亀屋町175 TEL 075 231 7368。9時~18時。日曜・祝日休。

かしゆか

樫野有香(かしゆか) テクノポップユニットPerfumeのメンバー。北米・アジアツアーに続けて、4月には世界最高峰のフェス、コーチェラ2019に出演。最近気になるのは各地の郷土玩具。www.perfume-web.jp