『ル・コルビュジエ  絵画から建築へ―ピュリスムの時代』展 内覧会ご招待! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS
受付中
応募期間 2019.1.8-2.4
終了しました

『ル・コルビュジエ  絵画から建築へ―ピュリスムの時代』展 内覧会ご招待!

ル・コルビュジエ(1887〜1965年)が日本に残した唯一の建築〈国立西洋美術館〉。その開館60周年を記念し、若き日のシャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(ル・コルビュジエの本名)が推進した「ピュリスム(純粋主義)」の活動を振り返る大型展覧会が、彼が理想の美術館として設計した本館で開催されます。その内覧会に特別に出席できるチャンスです!

20世紀建築の巨匠ル・コルビュジエ(1887〜1965年)が設計した美術館は世界で3つしかありません。そのひとつである〈国立西洋美術館〉本館を舞台に、開館60周年を記念して開催されるのが『ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代』展(2月19日~ 5月19日)です。ル・コルビュジエと名乗る前、シャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(ル・コルビュジエの本名)が故郷のスイスを離れ、芸術の中心地パリで「ピュリスム(純粋主義)」の運動を推進した約10年間の活動に焦点をあてた本展は、ル・コルビュジエと同時代の作家たちの美術作品約100点に、建築模型、出版物、映像など多数の資料を加えて構成されます。〈国立西洋美術館〉本館は、2016年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。ル・コルビュジエ自身が作り出した貴重な建築の中で彼の原点を振り返るまたとない機会、開幕に先駆けて、一足早く展覧会を堪能できるチャンスです!

【出品作家】シャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(ル・コルビュジエ)/アメデ・オザンファン/パブロ・ピカソ/ジョルジュ・ブラック/フェルナン・レジェ/フアン・グリス/アンリ・ローランス/ジャック・リプシッツ

SPECIAL EVENT #03:『ル・コルビュジエ  絵画から建築へ―ピュリスムの時代』展 内覧会

募集人数:10名
開催日:2019年2月18日(月)
場所:〈国立西洋美術館〉本館 東京都台東区上野公園7-7
時間:夕方(詳細は当選メールでご案内いたします)
当選発表:厳選な抽選の上、2月8日(金)中にご本人への当選メールの送付を発表に代えさせて頂きます。

※ご応募にはCasa iDへのご登録が必要です