いまパリが検証する「モダンであること」。〈フォンダシオン ルイ・ヴィトン〉MoMAコレクション展 | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

いまパリが検証する「モダンであること」。〈フォンダシオン ルイ・ヴィトン〉MoMAコレクション展

『カーサ ブルータス』2017年12月号より

すっかりパリの顔のひとつとなったフランク・ゲーリーの〈フォンダシオン ルイ・ヴィトン〉で、大規模なMoMAのコレクション展が開幕。隠れた名作も多数展示しています。

Roy Lichtenstein
Drowning Girl, 1963

MoMA設立以来の進取性に沿って速攻で所蔵されたリキテンスタインの代表作である漫画を引用したグラフィックペインティング。 ©Estate of Roy Lichtenstein New York / ADAGP, Paris 2017

Rem Koolhaas
Madelon Vriesendorp, Welfare Palace Hotel Project, Roosevelt Island, New York City, New York, 1976

オランダ人建築家レム・コールハースが1978年に著したポストモダン都市建築論『錯乱のニューヨーク』のためのイラスト。 ©Adagp Paris, 2017

Ellsworth Kelly
Colors for a Large Wall, 1951

第二次大戦後のNYのアートシーンを象徴する抽象表現主義の大作絵画。フォンダシオン所有のケリーのコレクションにも注目したい。 ©2017 The Estate of Ellsworth Kelly

Jeff Wall
After “Invisible Man” by Ralph Ellison, the Prologue, 1999-2000

アフリカ系米国人作家ラルフ・エリソンの小説を忠実に再現し、1,369個の電球を設置して撮影された映画的なライトボックス写真。 ©2017 Jeff Wall