コルビュジエ建築×リー・ウーファン、静寂の部屋。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS
フランス、リヨン近郊にある〈ラ・トゥーレット修道院〉で、リー・ウーファンの作品展示が始まっている。ル・コルビュジエが1960年に建設したドミニコ会系修道院は宿泊滞在も可能なので、今でも多くの建築好きやコルビュジエファンが訪れる場所だ。この修道院では9年前から毎年アーティストを招き、遺産的建築と現代クリエーションの対話をテーマとした作品展示イベントを行ってきた。例えば2015年にはアーニッシュ・カプーアが招致されている。今年は〈リヨン・ビエンナーレ2017〉の開催も重なり、そのハブ展示として約3か月間、リー・ウーファンがこの空間のために製作した作品を展覧することになった。
1/8
「波動ガラス」とコルビュジエが命名した回廊で、ガラス板と石を置く。Relatum Stage, 2017 (c) Lee Ufan et frère Marc Chauveau
2/8
修道士たちの食堂に、石盤石の破片を敷き詰める。Relatum Dwelling (B), 2017 (c) Lee Ufan et frère Marc Chauveau
3/8
館内の一角に、韓国和紙を敷き詰め石を置く。Relatum Room, 2017 (c) Lee Ufan et frère Marc Chauveau
4/8
屋外の芝生に石盤石を方形に敷き詰め、石と鉄鋼板を置く。Relatum Dwelling (A), 2017 (c) Lee Ufan et frère Marc Chauveau
5/8
回廊に1m立方の鋼鉄板の囲いを置き、中にロウソクを灯す。Relatum - Room (A), 2017 (c) Lee Ufan et Jean-Philippe Simard
6/8
礼拝堂の祭壇後ろにアクリルペイントのキャンバスを掛ける。Dialogue, 2017 (c) Lee Ufan et Jean-Philippe Simard
7/8
礼拝堂の身廊、床の上にカラーラ大理石の砂利、ソーヌ川の砂、アクリルペイントのキャンバス。Dialogue, 2017 (c) Lee Ufan et Jean-Philippe Simard
8/8
「ラ・トゥーレット修道院」。上階2フロアの1つ1つの小さな窓が修道士やビジターの個室になっている。
リー・ウーファンは1936年韓国生まれ、20歳から日本に滞在し、日大哲学科を経て、60年代末に興った現代美術運動「モノ派」を立ち上げた一人。人間の手で造られたマテリアルと自然の対峙を一貫したテーマとして、81歳 ( ! ) の今もなお精力的に活動している。

今年3月に修道院に滞在し現場を視察して、作品構想を練った。コルビュジエの特徴である打ち放しのコンクリートとガラスの空間が、ウーファンおなじみの石や金属、紙といった無垢の素材によって姿を一変させている。修道士たちの食堂の床には一面、アルドアーズ(屋根に使う石盤石)の破片を敷き詰め、韓国の和紙を張り合わせた壁と床を作った部屋には、自然石が1つ。他にも回廊の一角や礼拝堂の中、芝生の中庭にも作品が見られる。

修道院は山々を見晴らす丘の傾斜地に人造素材であるコンクリートのブリュットな肌を見せて屹立している。このコルビュジエ建築そのものが大自然と対峙しており、その内側にウーファンは、建築と対峙する作品を据えた。その二重構造が面白い。日帰り鑑賞も可能だが、朝夕刻々と印象が変わる建築と作品の関係性を見届けるために、ぜひ修道院に1泊することをお勧めする。

リー・ウーファン『記憶の彼方に』

〈ラ・トゥーレット修道院〉

Couvent de la Tourette, 69210 Eveux, France
TEL 33 4 72 19 10 90。〜12月20日(水)。月曜休。14時〜18時30分。入場料7ユーロ。事前にメールで予約を。

会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!