NY伝説の写真家、ソール・ライターの回顧展がついに開催! | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

NY伝説の写真家、ソール・ライターの回顧展がついに開催!

83歳にして世界中の注目を浴びながら、名声と距離を置き続けた写真家ソール・ライターの回顧展が〈Bunkamura ザ・ミュージアム〉で開かれる。日本初開催だ。

《足跡》1950年頃 発色現像方式印画 ソール・ライター財団蔵 (c)Saul Leiter Estate
今展は「カラー写真のパイオニア」と称されるソール・ライターの作品約200点が並ぶ、日本初の回顧展。カラー写真だけでなくモノクロ作品、絵画作品なども展示し、その多彩な才能を目の当たりすることになる。また、彼の半生を追ったドキュメンタリー映画『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』も上映。名声から距離を置いて生きた彼の作品になぜ、多くの人が惹かれるのか。その理由をじっくりと探ってほしい。
《ペリー・ストリートの猫》1949年頃 ゼラチン・シルバー・プリント ソール・ライター財団蔵 (c)Saul Leiter Estate
《ジェイ》 1990年頃 印画紙の上にグワッシュ、カゼインテンペラ、水彩絵具 ソール・ライター財団蔵 (c)Saul Leiter Estate
《東57丁目41番地で撮影するソール・ライター、2010年》撮影:マーギット・アーブ (c)Saul Leiter Estate

ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展

〈Bunkamura ザ・ミュージアム〉

東京都渋谷区道玄坂2-24-1
TEL 03 5777 8600。4月29日〜6月25日。10時〜18時(金・土〜21時)。5月9日・6月6日休。1,400円。公式サイト

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます