瀬戸内国際芸術祭2016〈小豆島〉新作レポート! | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS facebook-a facebook instagram line twitter youtube

瀬戸内国際芸術祭2016〈小豆島〉新作レポート!

第3回目となる瀬戸内国際芸術祭2016が、今回も3月にスタート。数ある島の中でも注目したのは、小豆島。高松のうどんとは一味違う、そうめんやオリーブと一緒に楽しめる新作を中心にご紹介します!

大岩オスカール《大岩島2》
迷路のような土庄本町のエリアで、もう一つ見逃せないのが大岩オスカール《大岩島2》だ。旧醤油倉庫のそっけない建物の中に入ると、小さな通路の向こうにドアが見える。ただしドアも市松模様の床も黒マジックの手描きだ。布のドアを開けると、直径・約12mのドーム状の大空間! その内側に彼が瀬戸内の風景から着想した浜辺に打ち寄せる波、木が生い茂る山、雲か風が渦巻くような空がマジックで手描きされている。居心地のよさそうな小さな家や、海をのんびりと進む船も。足の下も頭の上も、すべて彼の手による細かい描きこみで覆われてしまう。
大岩オスカール《大岩島2》
作者の大岩は、描くのがとても早くて、このような広い面積もあっという間に埋め尽くしてしまう。大岩はこれまでにも観客を包み込むようなインスタレーションを発表している。この作品も、2013年の瀬戸内国際芸術祭の際に伊吹島で発表した作品を発展させたものだ。床の一隅に「2013」「2016」と入ったサインもあるから探してみよう。
《大岩島2》土庄本町。春・夏・秋会期公開。9時30分〜17時。会期中無休。300円。