香川に彫刻家・流政之の美術館〈NAGARE STUDIO〉がオープン。 | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

香川に彫刻家・流政之の美術館〈NAGARE STUDIO〉がオープン。

流政之の香川・高松のアトリエが〈NAGARE STUDIO〉としてオープン。晩年まで暮らし、制作の場とした香川・高松のアトリエが美術館として公開される。

3階建ての建物は約350平米に住居棟や制作スペースを持つ。そのうち制作スペースが公開される。
複雑に作られているスタジオの建物は見る位置によって、印象が変わる。
スタジオの側面は並木道になっている。
建物の前にも代表作である《ナガレバチ》や《サキモリ》、《サムライの約束》など。香川県内の様々な場所にも作品展示されている。
香川には〈イサム・ノグチ庭園美術館〉〈丸亀市猪熊弦一郎現代美術館〉〈ジョージナカシマ記念館〉〈香川県庁舎〉東館をはじめとする丹下健三作品など、アート・建築の拠点は多い。

イサム・ノグチが牟礼(同じ庵治半島の西側)にアトリエを構え、ジョージ・ナカシマが桜製作所で家具製作を始めたのも、流政之とのつながりからだった。
代表作のひとつ《サキモリ》(ブロンズ、年代不明)は岬の先端に建つように展示されている。古代、外地に対する防備として配置された無名の兵士、崎守に由来する。
《雲の砦》(ミカゲ石、 年代不明)。
限りなく、暮らしていたままの空気を残し、公開となるスタジオ。少人数定員によるガイドツアーで、ゆっくりとその空気を感じたい。
流政之 ながれまさゆき 
1923年〜2018年。彫刻家。長崎生まれ。零戦パイロットとして終戦を迎える。アメリカで活動した後、66年に香川県にアトリエを設立。国内外に作品が多数。代表作にニューヨーク、ワールド・トレード・センターの《雲の砦》(のちに撤去)。作庭家としては皆生温泉・東光園庭園などがある。父は立命館大学創設者の中川小十郎。

〈NAGARE STUDIO〉

香川県高松市庵治3183-1 TEL 087 871 3011。木曜~土曜:1日2回 10:30~、13:00~(約60分/定員制)。要予約。2019年8月よりWebサイトで予約開始、9月1日より公開スタート。一般5,000円。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます