RCRアーキテクツの3人をプリツカー賞に導いた決断とは?

スペインの3人の建築家がプリツカー賞を同時受賞! 彼らの故郷オロットへのこだわりが世界に共感されています。

RCRアーキテクツ
アールシーアール・アーキテクツ ラファエル・アランダ(右)、カルメ・ピジェム(中)、ラモン・ヴィラルタ(左)の3人のイニシャルより命名。1988年設立。左記作品のほか、既存の樹木をトラック内に巧みに残した〈Tussols-Basil陸上競技場〉や最新作ベルギー・ゲントの〈Waalse Krookメディアテーク〉がある。来年1月〈TOTOギャラリー・間〉で個展開催予定。彼らの軌跡と視点を知る好機となるだろう。

今年のプリツカー賞を受賞したスペイン、カタルーニャのRCRアーキテクツの3人。バルセロナから北へ110km、緑豊かな休火山地帯ガロッチャに位置する人口3万4000人の小さな町オロットを拠点に、世界にその名を知られるようになったという稀有な経歴を持つ建築家たちである。

バルセロナおよびバイェスの建築大学で出会った彼らが卒業した1987年は、数年後にオリンピックを控えた空前の建設ブーム。ところが彼らは多くの同級生のように好景気のバルセロナで就職せず、仕事のあてもないオロットに戻ってゼロから建築をつくる道を選んだ。ところが若き日の彼らがとったこの「故郷に帰る」という、一見建築的判断とは思えない選択は、結果的に彼らをこの賞へと導く、最初の重要な一歩となる。

〈サン・アントニ—ジョアン・オリバー図書館複合施設〉(2007)

バルセロナ市内に建つ、公共図書館と高齢者用センター、児童公園と庭の複合施設。動線を街区ブロックの中庭に引き込み、多世代間の交流の場を都市の喧騒を離れた静けさの中に実現。
バルセロナ市内に建つ、公共図書館と高齢者用センター、児童公園と庭の複合施設。動線を街区ブロックの中庭に引き込み、多世代間の交流の場を都市の喧騒を離れた静けさの中に実現。

故郷から、世界へ。それでも変わらない建築のつくり方。

彼らはその風景や文化を理解し肌身で感じられる土地、ガロッチャで建築を模索しはじめた。そしてそこに地元の職人や工法によって最も自然な形で立ち現れ、故郷の人々の生活に馴染む建築を、3人の徹底的な対話、つまり「共有された創造性」によって追求し、今もつくり続けている。

家族や友人の住宅に始まった仕事は、オロットの公共空間から近郊の町へ、その後バルセロナ、フランス、ベルギー、ドバイへとより多様化、国際化、巨大化していくが、彼らの姿勢は変わらない。未知の土地へ赴いても、自らの故郷を見るのと同じまなざしでその場所を理解し、そこに建ちうる建築が見えるまで、ひたすら対話を重ねる。その中には「宇宙」「沈黙」「美」といった言葉が並ぶが、そのような思想こそ、彼らが個人の知性と才能ではなく対話によって磨き続けているものであり、建築の根源的な存在理由を他者と理解し合える作品をつくるための重要な手段なのだろう。3人のその「複数形」的な仕事は、BUNKA財団の設立、オロットに世界中の若者を集めて行うワークショップ『Lab·A』へと広がっていく。