ジョン・ポーソンに聞きました「彫刻的な屋根のフォルムを中側から仰ぎ見てほしい」 | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

ジョン・ポーソンに聞きました「彫刻的な屋根のフォルムを中側から仰ぎ見てほしい」

デザインミュージムに改築された「コモンウェルス・インスティチュート」とは、1962年にオープンした英連邦国52か国のための博覧会場である。2004年に閉館後、老朽化で保存指定がありながらも、取り壊し案もあった。そんな中、ディベロッパーが周辺の土地を含めて買収。隣接して高級マンションを建てる条件として、この建物を文化施設に寄贈する必要があった。そこに移転先を探していた〈デザインミュージアム〉が乗った形だ。全体のマスタープランやマンションの設計はレム・コールハースのOMAがコンペで決まり、ミュージアムの内観はその後の再コンペで、ジョン・ポーソンが手がけることになった。

Q 使われている素材は?
A 地下と1階の床はテラゾ、あとの階の床や壁のパネルはオーク材、そのほかの壁は白、と素材や色を限定することで、コンクリートの天井を強調しました。

Q これまで修道院など宗教建築も手がけてこられましたが、ここも「デザインの聖堂」のような雰囲気が感じられます。
A 気持ちよく感じる空間をつくりたかったので、そう感じていただければ幸いです。これは私にとって初の公共建築で、ミュージアムの機能の背景になる、出しゃばらないデザインに徹しました。

Q 日本では多くのモダニズム建築が取り壊しの危機にあります。
A この建物にも取り壊し案はありましたが、市民や団体の反対と多くの人の尽力で、新しい命を得ました。周りを集合住宅に囲まれましたが、それだからこそ実現したプロジェクトでもあります。

ジョン・ポーソン

1949年生まれ。ミニマルなスタイルで知られるイギリス人建築家。倉俣史朗との出会いから建築を目指す。代表作にチェコの修道院、キューガーデンズの橋など。近作にウェールズの宿泊できるリトリート〈タイ・ビウィド〉が。公式サイト

会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!