〈HOUSE VISION 2〉、決定版リポートをお届けします! | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

〈HOUSE VISION 2〉、決定版リポートをお届けします!

家づくりだけでなく街づくりのヒントになるアイデアが満載の展覧会がスタートしました。住み心地のいい家はもちろん、使い勝手のいい都市や建築が生まれそうで、わくわくします。パワーアップした展覧会〈HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION〉のリポートです!

もう一つ、設備系でユニークなアイデアを見せてくれるのがLIXIL×坂 茂の〈凝縮と開放の家〉。通常は水が自然に流れるよう、給排水パイプは床下に設置することが多いが、LIXILはポンプを内蔵して給排水システムを天井近くにまとめることでキッチンやバスルームなどの水まわりを部屋のどこにでも配置できるシステムを生み出した。水まわりは生活する上で必須の機能。上下水道と電気という基本的なインフラがあればどこでも住めることになる。

坂 茂が多くの作品で取り入れているシャッターによる開口部にも注目だ。窓が全面オープンになる開放感は実に爽快。液晶ガラスを使っていて、スイッチをオン・オフすることで磨りガラスのように不透明にしたり、普通のガラスのように透明にもできる。
バスタブの収納も可能。 photo_Junpei Kato

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます