女優・池田エライザと巡る。名建築〈東京都庭園美術館〉。 | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

女優・池田エライザと巡る。名建築〈東京都庭園美術館〉。

“建築”がテーマのドラマ『名建築で昼食を』に出演中の池田エライザさんと、劇中でも舞台となる〈東京都庭園美術館〉を巡りました。Casa BRUTUSでもおなじみの文筆家・甲斐みのりの著書『歩いて、食べる 東京のおいしい名建築さんぽ』が原案となったドラマの魅力、そして名建築を訪れる楽しみを語っていただきます。

・Scent4 第一階段〜二階広間

アール・デコ特有の花模様のパターンのブロンズ。
ラジエーターカバーの模様は場所により異なった意匠。
▶︎名建築を持ち帰る。

正面玄関を強く印象付けるルネ・ラリックによるガラスレリーフや、アンリ・ラパンが手がけた香水塔など、華々しく絢爛とした装飾が目を引く一方で、部屋の間取り、壁や天井の作りなどには、モダニズムにも通じる直線的な幾何学のデザインが見て取れる。朝香宮夫妻がパリで触れて心酔したという洗練と華麗が同居するアール・デコのエッセンスを、〈東京都庭園美術館〉では体感できる。

池田 私はインテリアが整っていないと仕事ができないタイプで、休日は本当に家にばかりいるんですが、もし1日外に出ると決めたら、ぎっしり予定を立てて、家具屋をいくつも回って、青山エリアをひたすら攻めて…みたいにして過ごします。アール・デコのテイストにも興味はあったのですが、なかなか触れる自信がなくって。なんだか一から十までたくさん揃えなくちゃいけないんじゃないかと思っていたんです。ただ今回、〈旧朝香宮邸〉を巡ってみて、そうか、まずは曲線を取り入れてみたりして、だいたいの部屋の印象を作ってから、小物を少しずつ増やせばいいんだ、と思いました。この建物だと天井や通路にあるアーチ状の枠が印象的ですが、例えばいま自分の部屋に飾っている絵の額縁を、丸い木枠にしたり。あとは、寝室のチェストの上に色々と花瓶などを並べてあるんですが、そこにお皿を置いてみて、丸い印象を足したりするのもいいかなって。丸い形のラグを敷くのもいいですよね。このドラマの撮影のあとはそうやって、お家に帰ってからが結構忙しい(笑)。ネリネリネリネリひとりで考え込んでいます。

・Scene5 ベランダ

▶︎ただ“見る”ことの驚きと喜び。

池田 東京に来て度肝を抜かれた建築は、〈玉川高島屋S・C本館〉です。白いモニュメントが路面沿いに長く伸びていて、竜かと思いました。「東京すげ〜」って(※設計は〈隈研吾建築都市設計事務所〉2010年竣工。建物と道路の間のアーケードを、アルミ板を並列して連ねた流線型のモニュメントで覆うようにデザインした)。シンガポールや香港の建築もあまりにすごくて、いわば“様子がおかしい”というか。あとは、ドラマでも舞台になる場所ですが、村野藤吾の〈目黒区総合庁舎〉。上京して最初に住んでいたのが目黒区だったので、何かの用事で行っているはずなんですけど、当時は「住民票でしょ、あれでしょ、これでしょ…」とやっていて楽しめていなかった。改めて見てみて、驚きました。

小さな広告代理店での華やかなばかりでない仕事。元彼から預けられたままに、日々仕方なく混ぜつづける“ぬか床”。友人とともに夢見るもうまく進まずにいるカフェ開業の計画。劇中で池田が演じる春野藤はさまざまに悩みながらも、次第に建築を訪れる喜びを知り、また田口トモロヲ演じる植草千明の考え方にも触れながら、新たな気づきや癒しを得ていく。このドラマを通して実際に名建築を巡っている池田に、建築の楽しみ方について聞いてみた。

・Scene6 姫宮居間

姫宮居間を出た先にある第二階段の踊り場の照明。
池田 「ただ見ることの何が面白いんだろう?」って思うことほど、さみしいことはないと思うんです。“見て、楽しい”という素朴な感覚って、きっと人間にはあらかじめ備わっている。われわれってどうしてもイメージでものを見てしまいがちで、それもまた人の性だとは思うんですが、そのせいで見落としてしまうものがたくさんあると思います。例えば建築を訪れて、ただただあちこちを見ているだけでも、“楽しい”と思う。その上で、「どうしてここにこういうものを置いてみたんだろう?」「どうしてこのデザインにしたんだろう?」と興味を持って、想像して、知識を得ていって、そのようにして出会うことのできるストーリーのようなものが、あまりにも美しい。建築を巡ることって、何段階にも面白いし、奥が深い。心を大きく動かされるような出会いがたくさんあります。今回のドラマでも、建築そのものや、建築家のアイデアが、藤を助けてくれる瞬間がある。千明がわれわれを励ます言葉にも、一言一言はっとさせられます。私も藤と一緒に救われたいなと思います。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます