速報:あの “オークラ” が帰ってきた! 〈The Okura Tokyo〉9月12日開業。 | ページ 3 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

速報:あの “オークラ” が帰ってきた! 〈The Okura Tokyo〉9月12日開業。

〈ホテルオークラ東京〉旧本館が53年間の歴史に幕を閉じてから、4年。いよいよ9月12日、〈The Okura Tokyo〉としてリニューアルオープンする。父・谷口吉郎が生み出した無二のロビー空間が建築家・谷口吉生の手によって見事に引き継がれた。

・「平安の間」

2,000平方メートルの広さ。壁面装飾は〈大倉集古館〉に収蔵されている国宝『古今和歌集序』の唐紙がモチーフだ。
原本の風合いを最新技術で再現している。
宴会場のホワイエには、大倉家の家紋「五階菱」にちなんでオークラの随所で用いられている菱文様の飾りが。
2,000平方メートルの広さ。壁面装飾は〈大倉集古館〉に収蔵されている国宝『古今和歌集序』の唐紙がモチーフだ。
原本の風合いを最新技術で再現している。
宴会場のホワイエには、大倉家の家紋「五階菱」にちなんでオークラの随所で用いられている菱文様の飾りが。

・〈オークラ ヘリテージウイング〉5Fロビー。

旧本館「平安の間」の壁面装飾が移設された。京都西本願寺に伝わる国宝である、平安時代の和歌帖『三十六人家集』を手本としている。
下階へとつながる吹き抜けには、藤の花をイメージしたガラス装飾。
旧本館「平安の間」の壁面装飾が移設された。京都西本願寺に伝わる国宝である、平安時代の和歌帖『三十六人家集』を手本としている。
下階へとつながる吹き抜けには、藤の花をイメージしたガラス装飾。

・客室(一例)

〈オークラ ヘリテージウイング〉にある、庭園の風景を望めるバルコニーつきの客室「ヘリテージルーム(ビューバス)」110,000円〜(1泊1室2名、朝食込、消費税・宿泊税・サービス料別)。所在階6〜17F。〈オークラ ヘリテージウイング〉は全140室、〈オークラ プレステージタワー〉は全368室。
傾斜地に丘のように設けられた和風庭園。
〈オークラ ヘリテージウイング〉にある、庭園の風景を望めるバルコニーつきの客室「ヘリテージルーム(ビューバス)」110,000円〜(1泊1室2名、朝食込、消費税・宿泊税・サービス料別)。所在階6〜17F。〈オークラ ヘリテージウイング〉は全140室、〈オークラ プレステージタワー〉は全368室。
傾斜地に丘のように設けられた和風庭園。

・会員向けに用意された応接スペース。

〈オークラ プレステージタワー〉玄関の上部に設けられた、鰻の寝床状の空間。
窓外の〈大倉集古館〉や水鏡、柳の木などを眺めることができる特等席。
〈オークラ プレステージタワー〉玄関の上部に設けられた、鰻の寝床状の空間。
窓外の〈大倉集古館〉や水鏡、柳の木などを眺めることができる特等席。
2015年8月31日、閉館当日に密着した『さよならオークラ、最後の日。』。
関連記事:新生“オークラ”の撮り下ろし4K動画はこちら

〈The Okura Tokyo〉

東京都港区虎ノ門2-10-4 TEL 03 3582 0111(代表)。2019年9月12日15時開業。〈オークラ ヘリテージウイング〉は「ヘリテージルーム」100,000円〜、〈オークラ プレステージタワー〉は「プレステージルーム」70,000円〜。