ハイエンドなキッチン空間を見に、人なつっこいマセラティを走らせる。

マセラティの最新モデル、ギブリを駆って名古屋の街へ。キッチン空間の美と贅ここに極まれりという、トーヨーキッチンスタイルのショールームを見学だ。

幹線道路沿いにあって、このアングルがまさに通行人目線となる。

建物のあちこちからポコポコと大きな出窓が飛び出して、あたりが暗くなりショールーム全体が明かりに満たされる中、道行く人にはあの出窓の中に何があるのか気になって仕方がないことだろう。

トーヨーキッチンスタイルの国内のショールームの中でも、「天空のショールーム」と呼ばれるここは、最大規模なだけでなく、まさしく聖地のような位置づけのようで、顧客もまた全国津々浦々から出向いてくるのだという。ここでは多種多様のLDKを丸ごと提案する形をとっていて、什器はもとよりテーブルセット、ソファ、照明器具、敷物から似合いの置物まで何でも揃う。

VIP専用ラウンジバー〈THE ROOM〉のテーブルを下から見上げる。この脚も床一面もヴェネチアンモザイク。

中でも力を入れているのが、床や壁用のヴェネチアングラス・モザイクのタイルだ。引いて見るとベルベット地にスパンコールを施した空間のようなゴージャスさ。もともとステンレス製シンクの専門メーカーだけに、空間のメインは調理台である。その金属の光沢と空間全体の光や艶を絶妙にバランスさせることを目指しているようだ。未来の自分のスペースに思いを馳せればクラクラしますよ、きっと。

ショールームはこんな雰囲気。