愛知

026 常滑陶芸研究所

Laboratory of Tokoname Ceramics (1961)

愛知県常滑市奥条7-22
google maps
0569-35-3970
9時~17時。月曜休。入場無料。
1961年竣工。設計:堀口捨己。伊奈製陶(後のINAX、現LIXIL)の創業者・伊奈長三郎の寄付によって建設された研究施設。〈とこなめ陶の森〉の一角にある。茶室研究の大家として知られる堀口捨己による鉄筋コンクリート造の作品で、非対称のデザインを大きな庇によってまとめた外観に、和風建築の趣と、堀口好みの”強い表現”が見てとれる。淡い紫の外壁は当時、最先端の技術だったカラコンモザイクタイルをグラデーションに張ったもの。周辺の常滑焼の窯から流れてくる煤を洗い流せるよう配慮されている。2階建の館内には、自然光を取り入れた展示室や吊り階段、2つの茶室などがあり、ガラスブロックやプラスチックパネルなど使用する建材もバラエティーに富んでいる。堀口は最新素材を使うことで現代性を重視した。一部家具や庭園も設計し、いずれも竣工時の姿で残る。

特集TOPへ戻る

Attention!!

●すべてのデータは2014年11月20日現在のものです。開館時間、休館日等は変更される可能性がありますので、事前に必ずご確認ください。
●多くの美術館等の施設では、入館時間は閉館の30分~1時間前までになっています。
●休館日が祝日の場合は開館し、翌日に休館する場合が多くあります。展示替え期間や年末年始は休館となることもあります。
●入館料は一般の大人料金(税込)。