野村友里 春夏秋冬 おいしい手帖 | イクラの醤油漬け

日本ではお正月のおせちやお寿司にも登場するイクラ。サケの卵の卵巣膜をとって、一つ一つバラバラにして醤油やダシでつけて食します。

イクラとはロシア語で「つぶつぶしたもの」という意味で、ロシアでは塩漬けにしてサケの卵を食べる習慣があるという。この食習慣が北海道に伝わり、日本では醤油で日持ちを良くしたものが全国に広がっていった。

近頃では世界的な寿司、和食ブームの影響でこの食文化が世界に広がっている。が、卵巣膜を取り除き、卵を一つずつ取り出すという手間のかかる作業から、日本でも市販のものを購入するする人も多い。今回の友里さんのレシピでは、面倒と思われた卵のほぐしが手軽に行えるところがポイント。美しいうす赤色の透明なイクラが出来ます。

※動画では後半、栗の甘露煮もご紹介しています

Ikura, salmon roe, is considered as a delicacy in Japanese cuisine. Often eaten in the New Year or as in the sushi menu. To prepare inkura you need to break off thin membrane then marinated with soy sauce or dashi. Ikura is a borrowed word from Russian. Ikura means in Russian, fish roe or pebbly bits. Japanese were eating salmon roe but Russians brought to new method to eat salted roe by break the thin membrane; separate the eggs from thin membrane completely. Together with this new method, beautiful pearly shinny red-orange eggs, the name "ikura" was brought to Japan about 100 years ago. Ikura is marinated with soy sauce in Japan. Now a day it is the world well known dish as the Japanese food became popular around the world.

Ikura is often bought in Japan but here Yuri will show you how easily ikura can be
Prepared a home from fresh salmon roe.

本連載のバックナンバーはこちらへ

野村友里

フードディレクター。フードクリエイティブチーム「eatrip」を主宰。長年おもてなし教室を開いていた母の影響で料理の道へ。http://www.babajiji.com

Yuri Nomura

Food coordinator. She runs "eatrip", a company that organise food events and caterings. http://www.babajiji.com