行列ができる京都〈喫茶マドラグ〉が関東初進出! 伝説の玉子サンドもやってきた。

8月にリニューアルしたキレーションストア〈la kagu(ラ カグ)〉の1階に、京都では今や観光名所のひとつともいえる〈喫茶マドラグ〉が関東初進出した。

ゲストの約8割が注文する「コロナの玉子サンド」850円。

本店の京都〈喫茶マドラグ〉が2011年の創業ながら、昭和の純喫茶を思わせるレトロな佇まいであるのに対し、〈LA MADRAGUE(マドラグ)〉はアメリカ西海岸にあるカフェのような爽やかな雰囲気。シグニチャー・ディッシュは本店と同じく「コロナの玉子サンド」だ。

奥にはソファ席もある。テーブル48席。壁やカウンターのイラストはサンフランシスコに拠点をおくアーティスト、ウェンデ・マクノートンの作品。

約6cmもあるだし巻き風の玉子焼きを2cm以上の厚みのある食パン2枚で挟んだ大迫力の一品は、2012年に惜しまれつつも閉店した京都の老舗洋食店「コロナ」から、本店店主、山崎三四郎裕崇さんが特別にレシピを受け継ぎ、さらにアレンジを加えたものだ。噛むと玉子焼きのだしがジュワーッと溢れる。

京都の本店では鉄板で登場する「スパゲッティ ナポリタン」900円。

ほか、「スパゲッティ ナポリタン」のように京都の味を再現した料理もあるが、「マドライス」や「カグライス」のように神楽坂店でしか食べられない食事メニューもたくさん用意している。

「マドライス」980円(税込)。ピラフの上にオムレツとデミグラスソースがかかったトルコライス。ポークカツ、エビフライ、ソーセージから1品選んでのせてもらう。