野村友里 春夏秋冬 おいしい手帖|蕎麦がき

本誌連載、人気フードディレクター・野村友里さんの『春夏秋冬 おいしい手帖』と連動した動画です。旬の食材を使った母親から受け継いだ和食のレシピをアーカイブしていきます。

蕎麦好きの両親のもとに育った私は、幼い頃から自然と蕎麦好きでした。そして、高校生のときに知った蕎麦の新たな楽しみ方が、この「蕎麦がき」。蕎麦粉に水をいれて溶いたら5、6本の割箸を束で持ち、火にかけて一気に練り上げる。そして、ふわふわのできたてを海苔で巻き、山葵醤油でいただく。蕎麦の香りがふわっとして、素材そのものの味が引き立ち、なんて美味しいのだろうと感激しました。

日本は「年越し蕎麦」といい、年末に蕎麦を食べる習慣がありますが、こんな蕎麦の食べ方もいかがでしょうか。

Soba-gaki ( Soba dumpling )

As a child, I grew up with parents who favored soba and I naturally became a soba lover. It was when I was in high school that I had my first “soba-gaki”, or soba-dumpling. Add water to buckwheat, heat while stirring with a bundle of chopsticks. And when cooked wrap with seaweed and add a dash of soy sauce and sansho pepper.

I was overwhelmed with the flavor of soba and how it brings out the best of the ingredient. In Japan it is customary to have “toshikoshi soba”, or New Year’s eve soba, but this could be an alternative way to have buckwheat for a change.

今月のポイント

そば粉と水をダマにならないようによく混ぜ合わせ、まんべんなく練り上げます。 手早く、空気を含ませるように練り上げることで、 香り高く、口当たりよく仕上がります。

●そばがき(作りやすい分量)
そば粉(粗挽き) 50g
水 160ml
わさび(おろす) 適宜
醤油 適宜
焼きのり 適宜

Key Notes: To quickly stir buckwheat with water to make a fine mixture and trying to add air to make it light. This will make it full of scent, flavor, and taste.

Soba gaki (proper portion)
Buckwheat grits 50g
Water 160ml
Wasabi (grated)
Soy sauce
Dried Seaweed

NEXT PAGE

詳しい作り方