虹色の光を放つ、吉岡徳仁のプリズム彫刻。

吉岡徳仁の神秘的な光の世界が、新作インスタレーションとして銀座に登場する。

ベンチ《Water Block》や茶室〈光庵〉など、ガラスのなかに光を取り込み一体化させることで、モノや空間に新しい意識を見出してきた吉岡徳仁。1月13日から開催される展覧会「吉岡徳仁 スペクトル」では、再び新たな光のインスタレーションが登場する。

本展で新作として発表されるのは、プリズムで作られた彫刻が七色の光を放つインスタレーション「スペクトル」。その風景を眺めながら、簡単には説明できない感覚、そして思想や文化の根源を探し求めることになる。

独自の着眼点と繊細な感覚によって、デザイン、アート、建築の領域を横断する吉岡の新しい試みが見られる絶好のチャンスだ。

吉岡徳仁 スペクトル ー プリズムから放たれる虹の光線

〈資生堂ギャラリー〉

東京都中央区銀座8-8-3
東京銀座資生堂ビル地下1F TEL 03 3572 3901。2017年1月13日〜3月26日。11時〜19時(日曜・祝日〜18時)。月曜休。公式サイト