LIFE@PET|引っ越したばかりの益子の新居。

栃木・足尾で12年間活動してきた陶芸家の郡司庸久さん・慶子さんが益子に移転した。決断の理由は「いい人がいて、いい土と水があるから」。

チヨ 柴犬 ♀ 8歳、タマ 雑種 ♀ 不明

西日が入って明るいアトリエのデスクの寝心地をみんなでお試し中。これが最接近した2匹の距離感。

自宅とアトリエを新築し、柴犬チヨと、昨年拾った年齢不詳な猫タマと、この夏にお引っ越し。女子同士のせいか、ちょっぴり神経質なチヨの性格なのか、微妙な関係という2匹は新居のあちこちを探検する毎日。でも一番いい場所は先にタマが取ってしまうのだという。

〈RED CLOVER nakameguro〉での展覧会のための庸久さんの作品。常に新しい作品を発表するところが魅力のひとつ。

まだすっきりしていて2匹の遊び場になっているアトリエも、準備中の窯が出来上がる秋ごろには本格始動する予定。益子に慣れたそのころには、もっと仲良くなれてるかな?

お仕事、 進んでるかな?

慶子さんの仕事場。机の上を物色中のチヨ。

チヨは高いところが好きでジャンプも得意。まだ使っていない庸久さんのろくろと。

Owner’s Data:郡司庸久、郡司慶子

10月〈QUICO〉、11月益子陶器市、12月〈うつわ楓〉〈SU〉と、年内だけでも展覧会ラッシュの人気者。